HOME>記事一覧>日頃のケアが大切!辛い生理痛を解消する方法

日頃のケアが大切!辛い生理痛を解消する方法

お尻

生理痛が起こる仕組み

生理が始まると、体は子宮にできた内膜を剥がすために子宮を収縮させる作用を持つプロスタグランジンを分泌します。通常であればある程度分泌されれば自然に内膜が体外に排出されるのですが、例えば子宮口が狭かったり形が排出しにくいものだった場合は通常の分泌量ではなかなか体外に排出しきれません。
そうなると体の方が焦って子宮をどんどん収縮させようとして、プロスタグランジンの過剰分泌を行います。それによって伴うのが生理痛だと言われていて、体が持つ一種の防衛反応の副作用であると言われているのです。このため生理のたびに生理痛を伴っている人の多くがプロスタグランジンの過剰分泌を認めており、逆に生理痛が少なかったり弱い人の場合はプロスタグランジンの分泌は少ないとされています。

生理痛を解消させる方法

婦人

体を冷やさないようにする

生理痛を解消するために重要だと言われているのが、体の冷えを解消することです。
実は体が冷えている人の多くは血流が悪いと言われていて、血流の悪さが子宮内膜を剥がしにくくしている要因の一つだと言われています。そのため体が冷えている人はプロスタグランジンの過剰分泌を促進してしまうので、生理痛を悪化させるという悪循環に陥っているケースが多いようです。
対策としてはお腹や腰回りを温めたり、露出の高い服を控える、入浴や足浴をして特に下半身を温めるという方法があります。特に下半身を温めるのは生理痛解消には重要なポイントだと言われているので、夏場のように体を冷やしやすい季節はしっかり対策しておくのがおすすめです。

体温を下げる食べ物を避けて体を温める食べ物を摂取する

食べ物の中には体を冷やしてしまったり、子宮の収縮を促進してしまう作用を持つものがいくつかあります。
例えば冷たい食べ物や飲み物は一気に体の中を冷やしてしまいますし、大根やゴボウなどの根菜類、バナナや柿などの一部の果物にも注意が必要です。またチョコレートやコーヒー、紅茶などには子宮の収縮を促進させる作用があるので、生理中に摂取するのは避けた方がいいと言われています。
このように体を冷やす食べ物を避けるのとともにおすすめなのが、体を温める食べ物の摂取です。
代表的なものとしてはショウガやグレープフルーツ、パプリカなどが挙げられています。ほかにもネギやニンニク、鶏肉やアジなども体を温めてくれるので、特に生理痛がひどい時には積極的に摂取すると効果的です。

ゆったりとした下着や服を着る

ほかにも気を付けておかなければいけないのが服装で、特に下半身を締め付けるガードルやジーンズなどの衣類は血流を悪化させてしまいます。このため生理中はできるだけ締め付ける服装を避けて、ゆったりとした服装を心がける必要があると言われているようです。
ただ注意しておきたいのは、生理中は普段よりも体全体がむくみやすくなっているところです。むくみによって普段は余裕のある服装でも締め付けてしまう可能性があるので、生理中は普段よりも余裕のある服装を意識するのがおすすめとなっています。

痛み止めを飲む

生理痛は急に襲ってくる場合もあり、状況によってはすぐに解消したいというケースもあります。
このような場合には痛み止めを服用して対応するとスムーズに痛みを解消できるので、プロスタグランジンの分泌を抑制するイブプロフェンなどの薬を利用するのがおすすめです。ただ痛み止めは人によって合う合わないがあるため、自分に合う痛み止めを見つけるのが大切だとされています。

ストレッチやツボ押しマッサージを行う

ストレッチで体を動かすと血流を改善できるのはもちろん、リラックス効果による痛み解消効果も期待できます。また体を動かすと子宮内膜を外に排出しやすくなるので、生理が早く終わるという効果も期待できるところがメリットです。
またツボ押しマッサージの中には血流改善や生理痛の緩和に効果的な場所がいくつかあり、足や膝、おへそ周辺など自分で簡単に刺激できるところが多いと言われています。そのためストレッチと同じく手軽にできる痛み解消法として実践されており、どこで実践できるところが魅力とされています。

広告募集中